楠森堂ブログ

復活に取り組み6年!校庭茶園再生〝奮闘記〟!!

うきは

1882(明治15年)年創立の うきは市立 山春小学校。
全国でも珍しい〝校庭〟の茶畑での児童の茶摘みは100年余り続く伝統行事。
しかし、現在の茶畑は十数年前、プール造成に伴い工事で出た石やコンクリート片混じりの土で茶畑を埋め、そのかさ上げしたガレキまじりの質の悪い土に苗を植えてできた畑…
一時は管理も殆どされず荒廃が進み、夏は雑草とかずらが畑全体を覆い尽くして生育が阻まれ、年に数回の草刈り機を使った大雑把な除草作業で茶木の根元は見るも無残に切り傷だらけ… 木は弱り、茶畑の3割ほどが立ち枯れした酷い惨状…ではありましたが、春の茶摘み行事だけは続けられていました。
今から6年前、当時の山春小の校長先生やPTAで 「なんとかお茶園を再生させよう!」と盛り上がり、ちょうどその年の秋から父の実家に家族とともに移住し、長男が山春小に転入する予定でもあった校区内で唯一お茶の生産者である私に声がかかりました。
「お茶畑を復活させるために手伝ってもらえないか?」 さらに… 学校や保護者の意向で〝無農薬〟での栽培が希望…
私は、「一度荒らした畑を復活させるということは、とても大変な作業ですよ。除草剤は使えないので除草はすべて手作業、夏場は毛虫やハチに刺される可能性も十分あります。 畑の管理が忙しい時期は私も一緒… 子どもたちや先生、そして親も、全員で取り組むのであればお手伝いします。それが無理なのであればお断りします。続けきれないのであれば、いつでもやめます!」ということが条件でしたが、それでもやる!ということで、お茶畑復活への取り組みが始まりました。
しかし… 茶畑復活の取り組みへの手伝いは引き受けたものの、いずれ、声を上げた当事者の方たちはいなくなり、PTA、先生、児童や保護者も年々入れ替わり、取り組みの熱も冷め、早い段階で畑の管理作業の負担が私一人に降りかかってくるのは十分覚悟はしていました。
そこで… 多くの方に負担を強いる以上、指導する立場の私が率先して身を切る姿勢を示し、学校や地域の事にとことん関わって私を知ってもらい信頼を得ることが出来なければ、復活の取り組みを続けることは困難であると考え、なり手のいないPTA役員を引き受け今年で5年目。 そして、今年もひきつづいてのPTA会長3年目(^_^.)
取り組み始めた当初は、脱サラ就農してわずか数年という厳しい時期でもあり、まだ自分の仕事や家の事もままならない中、役員の活動や茶畑の取り組みの負担は思っていた以上に大きく、泣きたいこと、すべてを投げ出したくなったこと、本当にいろいろとありましたが、必死に取り組んできたかいもあって、畑の茶の木も回復、質の良いお茶ができるようになり、取り組みを始めた頃は声をかけても作業への参加がほとんど無かった保護者の応援も徐々に増え、山春小はお茶が一番の特長であるということで、学校での農業体験はもちろんのこと授業でも積極的にお茶のことを取り入れて頂けるようになり、様々な機関からも山春小の校庭茶園復活の取り組みを注目して頂けるようになりました(^^♪

 

先日発行♪

 

6年前の畑の復活に取り組む前の校庭茶園。 この寂しさ…

木が立ち枯れし、ほとんど木が無くなっていた茶畑の3分の1を新たに再生することに。

 

 

造成工事で出た石やコンクリート片混じりの土で昔の茶畑を埋め、そのかさ上げした土壌のガレキを拾い、堆肥をまいて耕し…

 

先生とPTA役員で苗を植え、ワラを敷き…
通常、順調に苗が育てば4~5年目には新芽を摘めますが、無農薬の厳しさから様々なハプニングもあり、これまで半分以上の苗が枯れ、枯れては植えなおしの繰り返しで、7年目の今年、初めて摘むことが出来ました。

 

学校の児童たちにも、休み時間を割いて月に1~2回の除草作業に取り組んでもらっています。

 

 

冬の作業。保護者、児童、先生、PTA役員のOBさんにも協力して頂き、除草と堆肥まき作業。

真冬にもかかわらず、皆さん汗がダラダラ(^_^;)
ダンプに“てんこ盛り”の堆肥を、近所の畜産業を営む友人から無料で提供してもらいました(^^)

夏場、猛暑や雨で日中の作業のタイミングを逃すと、この有様(ーー;)…

梅雨の時期に何度かあるパターン。

急遽、声を掛け、協力頂ける限られた人員だけででも除草作業を実施。

一度畑を荒らしてしまい、無農薬栽培で除草剤も使用出来ないとなると、夏場はとことん草と格闘するしかないこの大変さを、皆さんに感じてほしいですね。

春先も思いのほか草が生えてきます。放置して新茶の時期に酷くなってしまう前に除草作業。

この日はお母様方に多くのご協力いただきました(^^)

100年以上つづく、全校児童と保護者、祖父母の皆さん、総勢二百人以上による春の茶摘み行事。

取り組み前の畑に比べると見違えるように元気になったお茶畑。
長年お茶摘みに参加されてある方からも、お茶の生育の大きな変化に感心されてありました(^^♪

以前は、茶摘みの大変な作業だけで、子供たちは何も楽しみがなくめんどくさそう~に作業をしているのを見て、何かひとつ楽しみを!と数年前、私が思い立って始めたのが、茶畑の横に〝摘みたてのお茶の新芽の天ぷら即席ブース〟
こ~れが大当たりで、子ども達が大喜び♪ 天ぷら食べたさに、毎年の茶摘みを楽しみにしてもらえるようになりました(^^)

 

単純だな~とは思いますが、子どものころの忘れられない思い出というのは、食べ物が絡んでいることが多いですからね(^^)

お茶を通して、大人になっても山春小のことをいつまでも憶えてて欲しいな…という願いを込めての“お茶の天ぷら”♪

 

 

今では毎年小学校から、お茶をテーマにした授業のゲストティーチャーの依頼が。

子どもたちが楽しみながら学んでくれるためにはどうしたらいいかな…と、あ~でもないこ~でもないと畑の管理が忙しい時期とも重なり、毎度の事ながら授業の前日から徹夜で考え、慣れないパワーポイントを使っての資料作り(^_^.)

 

お茶の授業では、山春小学校と国道をはさんだ向かい側にある私の茶畑に子供たちを招き、畑でしか学べない、そして楽しめる企画を考え、これも好評♪

良いお茶ができるようになってからは、新茶を味わう〝お茶会〟が開催されるようになりました。

今では全校児童が急須でお茶を淹れられるように(^^)
6年生が新入生にお茶の淹れ方を伝授する時の1年生の一生懸命な表情は、なんとも微笑ましい光景です♪

 

立派なお茶ができるようになってからは、小学校や地域の行事でのお茶の販売も開始!

こんなラベル作ってみました(^^♪
商品のラベル張り、袋詰めも児童が行い、栽培から販売まで子ども達に関わってもらっています(^^)

今年の新茶の販売も大盛況(^^♪

この校庭茶園での栽培体験を通じて、
作物を育てることの大変さを知ることで、食べ物の大切さ、食べ物の生産にかかわる人々へ感謝する気持ちをもってほしい…
一つ一つ重ねてきた努力、一つ一つの小さな作業が次につながること…
1年間の苦労があって作物ができること。そして、うきはの美しい景観のかげには農家の方たちの努力があることを、子どもたちが少しでも感じてくれたら嬉しいですね(^^)

----------------------

[ ~YouTube~:「楠森 河北家」関連・放送動画 ]
・在来種のお茶 2014(平成26)

・~意地と誇りにかけて~ 2015(平成27)

・~ OpenMUJI (キャナルシティ博多) 楠森堂 ~ 2019(令和1)

[2019/12/10~20]

OpenMUJI(キャナルシティ博多)にて開催。うきはテロワール〝うきはの魅力とモノヅクリ〟/ ~楠森堂~

 

●photo「楠森堂の四季」 https://yahoo.jp/box/gIO-FL
●photo「楠森堂 実生在来茶園風景」 https://yahoo.jp/box/HeI7dq
●photo「うきは 四季の風景」 https://yahoo.jp/box/zf71eZ

プライバシーポリシー

Copyright(C) KUSUMORIDOU All rights reserved.